ヘッジング

ヘッジングとは「ヘッジをする」という意味です。ヘッジとは「リスクヘッジ」の略で、リスクを抑えるための取引を指します。売りヘッジと買いヘッジの両方があります。
例えば、原油を必要とする企業が原油の価格変動リスクを抑えるために原油先物を買ったり、あるいはそのコールオプションを買ったりすることによって、価格が高騰するリスクを抑える事ができます。
同じように、金利変動を抑えるために金利スワップが利用されることは多いですし。金利が上昇することによって大きな損失を発生すると見込まれた場合には、金利スワップを利用してリスクヘッジすることができるのです。
多くの企業や個人が取引しているものがFXです。これは、為替変動リスクを抑えるためのものだと言えるでしょう。輸出企業であれば円高になると受け取る代金が目減りしてしまうこともありますが、このときに円を先に買うという方法でヘッジすることができるのです。
このように、先物取引やオプション取引は、主にリスクヘッジをするためのものとして開発されているのですが、実際には投機的な取引が多く行われていると言えるでしょう。投機筋があることによってリスクヘッジをするための流動性が高くなると言う特徴があるのです。

コメントは受け付けていません。