危険性

投資で注意したいのがリスクです。
価格変動が大きいほど高く、小さいほど低くなります。
危険性とも言い換えることができますが、なぜ危険なのか、それは投資自体は先が読めないからです。
デリバティブのような金融派生商品は先の相場を読むことで価格の危険性を下げることができますが、現時点からの将来予測は確実なものはありません。
常に不確実性を持っています。
ゆえに分析が必要になるのですが、相場の機会を狙うことは投機的なものになります。
当たれば利益になるものの、外れれば損失になる、一種、賭け事になる恐れもあります。
それを避けることで必要になるのが投資のコントロールであり、危険性のマネジメントです。
相場自体を動かすことはできませんが、投資金額や期間は柔軟にコントロールできます。
将来予測が大きく外れることも想定して、どこまで損失に耐えることができるのか、マイナス面もみる必要があります。
投資はお金のマネジメントです。
いかに危険性を回避して、利益を大きくするかにキーポイントがあります。
また、投資の方法を工夫することで効率的なリターンを追求する本来の投資を実現することができます。
投資に必勝法はなく、常に価格変動の危険性を認識することが大切です。

コメントは受け付けていません。