多様性

デリバティブの特徴の一つが多様性です。例えば、株式の現物取引を行う場合、配当金によるインカムゲインは少しあるものの、基本的には安く買って高く売ることによるキャピタルゲインが主な利益となります。ですから、設けるためには値上がりすることが必要となってくるのです。ですから、上昇相場でしか儲けることはできないと言えるでしょう。
デリバティブを用いれば売りから入る事もできますから、まず売って、そして売った価格よりも安い価格で買い戻すことによって設ける事もできます。ですから、値下がりの時にも儲けることができるというメリットがあるのです。
これだけなら信用取引を用いればできるのですが、まだまだ多様性はあります。例えば、コールオプションを売れば、相場が下落したときだけではなくて、相場が動かなかったときにも儲けることができます。また、コールオプションの売りとプットオプションの売りとを組み合わせれば、相場が一定のレンジで動くと予想したときにもリターンを期待する事ができると言えるでしょう。
ですから、設ける事のできる方法が一つだけではなく、非常に多くの状況に応じて期待できます。これがデリバティブの多様性のメリットだと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。